ふれあいサロンの推進

■「ふれあいサロン」って何?
もともと「サロン」という言葉は、フランス語で応接室とか談話室という部屋を意味する言葉ですが、「ふれあい・いきいきサロン」は、地域の人々でつ くる気軽に集える場、交流の場のことです。定期的に外出し人と会って話をするなかで、健康を維持し人とのつながりをつくり、いきいきと暮らしていくことが できると考えられています。どんな人が来ても良いし、何をしなければいけないという決まりはないので、参加者同士で話し合って、自由に内容を決めることができます。

■ふれあいサロンの効果
1.楽しみ・生きがい・社会参加ができる。
2.仲間づくりができ人と人との絆が広がる。
3.悩み事の相談や困り事の発見の場にもなる。
4.色んな情報の交換や提供、共有ができる。
5.参加者同士で見守りと支え合いができる。
6.参加することで介護予防や認知症予防になる。

~ 無理せず 楽しく いつまでも~ 続けるためのふれあいサロンのポイント

1.場所
集まりやすいところ、歩いて来ることができるところにする。地域の公民館や空き家等を利用する。
2.日にち
集まりやすい曜日等を決める。
(毎月第○○曜日、○○日というように決めておき、都合が悪い時は調整すると予定がしやすい。)
3.時間
集まりやすい時間帯にする。
1回の時間は2~3時間程度。
4.頻度
月に1~2回。
5.内容
参加者がやりたいということを取入る。
6.その他
時には普段のサロンでやらないことを取入る。

■サロンでは何をするの?
 簡単な体操をしたり、ゲームをしたり、歌を歌ったり、テーマを決めて人の話を聞いたり、何かを作ったり、お茶を飲んだり…。参加者で得意なことがあ る人から教えてもらったり、外部から講師を招いても…。でも、「絶対にこれをしなければ」 という決まったことはありません。参加者同士の話題のきっかけ ができれば何でも良いのです。

■お気軽にご相談ください
・「サロンをはじめたいので、説明してほしい。」
・「サロンで何をしようか困っている。」
・「サロンでボランティアをしたい。」等

■飛騨市社会福祉協議会が支援します
・安心して活動していただくために、サロン保険への加入手続きを行います。
・充実したサロンを行うために、活動費の助成を行います。
・楽しく続けていくために、サロンリーダー交流会や講習会等を開催します。

■地域別サロン一覧

町名 サロン名 地区 会員数
古川町 さくら会 1区・2区 16人
3区いきいき教室 3区 17人
千歳会サロン 向町連合区 30人
10区11区いきいきサロン 10区・11区 47人
栄寿会サロン 13区・14区 18人
安望サロン 23区・上気多 35人
なかよし 上気多・23区 18人
24区福寿会 ふれあいサロン 24区 18人
サロンつくし会 杉崎 37人
なごみ会 袈裟丸 11人
野中サロン 太江区 11人
ふれあいサロンはまぐり 高野区 22人
神明長寿いきいきサロン 上野区 16人
中野よらまい会 中野区 17人
コスモスサロン 下野区 7人
春日サロン 黒内区 10人
万福会 笹ヶ洞区 13人
河合町 よーらんカフェ 元田 羽根 30人
もみじカフェ 稲越 40人
ぴいちくサロン 角川 34人
宮川町 すみれ会 杉原 9人
神岡町 さつきサロン 坂富 昭和町 21人
蕗のとう 西野町 10人
ふれあいサロン流葉 袖川 9人
ふれあいサロン本町 船津周辺 11人
ほほえみ会 東町 7人
まめな会 吉田 24人
わくわく会 船津 13人
やすらぎの会 神岡町内 10人
山之村ふれあいサロン会 山之村 35人
サロン麻生野 麻生野 18人
ふれあいサロンいちご 神岡町内 20人